07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

拝金学会、守銭奴宗、お金教=日本の宗教という切り口 

毎度様です。

日本ハムファイターズ、ダルビッシュ・ユウ選手が来期ポスティングシステムを

利用して大リーグ挑戦。球団もダルビッシュ選手の意志を尊重する。産経新聞伝

ショックだよ。涙に暮れた昨日の夜。

いずれこうなると思った球団の配慮かね。行かないで欲しいんですが・・・・

『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック

========== 今日のお題は? ===============
拝金学会、守銭奴宗、お金教=日本の宗教という切り口
=================================


日本では、第二次世界大戦敗戦を経験した為に、あらゆる宗教についてタブー

としてきた歴史が作られつつある。とアタクシ目は思う。未だ、靖国神社問題

を抱え、創価学会と公明党を抱え、統一教会問題、日本初のカルト教団オウム

真理教出現におののき、幸福実現党が登場すると言った具合である。

宗教という基本概念を教えてきていない、又、教わっていない一般の人々は、

知らない、判らない、理解できないと云う、不安の心理の説く如き反応を見せ

ている。複雑であったり、戦争を精神的に誘引した事もあり、一般の人々は、

これまた、単純化の心理の説く如く、表面上の現象がそれその物の本質と理解

しようとする。



宗教とは

宗教の(特定の宗教・宗派・教団等を云うのではない)目指すところは、人の

力が及ばない不幸をどの様に、どんな方法で乗り越えていき幸せに成るか。と

云うことでしょう。(ザックリ云っちゃったょ)

特に「生」「老」「病」「死」の4つで有ると言うことでしょう。

「生」は何のためにこの世に生まれてきたのかを悩む苦しみであり、「老」は

衰え、「病」もちろん病気、「死」死ぬ恐怖。実際に成ってしまってから、感

じるのでしょうがね。

人智の外に有る、人間の力の及ばない、これらを解決するための宗教であり、

死んでから、極楽へ行くとか、天国に召される等と云う片ぽな事ではない。

宗教に付きものの「本尊」とは、これらを解決するための根本にして尊崇すべ

き対象と云うことに成ります。


何ものにも代え難く、自分の命よりも大切なものと言うことです。



では、今日のお題の「日本の宗教」と言う切り口とは。

無宗教ですと答える国民が、先進国で1位の日本ですが、世界で一番宗教好き

でも有るのです。

尖閣諸島問題で露呈しています。宗教に付きものの「本尊」とは、何ものにも

代え難きものであり、大切なものと云いましたが、ここ最近の尖閣諸島問題で

ハッキリ再認識すべき事が起きているのです。

領土問題とは、要は自国民の生命を守ることに他ならないのです。外国の脅威

から命を守る、襲われたら助けると言うことです。日本国政府の「本尊」と言

うべき事です。これが出来ないのであれば、日本国は我々には必要の無いモノ

ですよね。

ここから導き出せば、何事にも最優先するモノが「本尊」と言うことですから

この国の「本尊」を皆さんも考えてみましょう。


尖閣諸島問題では、「レア・アース」禁輸、フジタ社員拘束、観光客のキャン

セル、輸出入手続きの厳格化による経営的損失等々。

お金の話になるとどうも弱腰に成る日本。このお金の話以前領海侵犯の船長を

逮捕したし、拘留期限延長も行った。しかし、この間に経団連の働き掛けはど

うであったか?皆さんが良く知っている流れである。

要するに、お金が一番大事である。「領海侵犯」よりもお金が大事である。多

少領土が侵されても、多少の漁業者が拿捕されようともお金が大切である。

全てが、この有様である。

拉致問題が進展しないのは、この国の本尊が間違っているからです。拉致被害

者は日本人で日本政府は「日本の威信」をかけて奪還すべきを、北朝鮮と一戦

交えると「中国」が出てきて、商売に支障が出るから大騒ぎをしないようにし

ているのです。ここでもお金が一番で命は二番でしょう。この様な判断を官僚

が単独で出来るわけが無い。企業献金を沢山もらっている政治家、官僚と仲良

い大企業のサラリーマン社長達が、見えない所で画策しているのです。

最近の商売のあり方にも、疑問がありますね。ネットワーカー等などと云うが

その実、マルチまがい商法。又、オレオレ詐欺、証券詐欺等々、人の事などど

うでも良いと考え手を染めていく人たち。被害に遭う人たち。



この日本中が、まず「お金」。命よりもお金。人の幸せよりもまず「お金」。

日本国、上から下まで、ここまで「お金」が第一と言えば、これ正しくお金が

本尊の「守銭奴教」「お金教」「拝金学会」と成っている。



少しは、真剣に考えるべし。

=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================
スポンサーサイト
「北海道セールス大学校」  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。