09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

手帳の効用 10 

毎度さま。


今日のキーワード。システム手帳。書き方。使い方。


ダルビッシュおめでとう!!2009パシィフィック・リーグMVP!!


来年も頼みますよ!!







『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 10
=================================



続き。


いよいよ、今日は、最後の「菩薩界」「仏界」です。長かったですね。


もう少しで、基礎の基礎が終了です。




では、「菩薩界」から


難しいですが、簡単に言うと、仏の知恵を得るために努力し努力し、尚


努力
し、その得た知恵で、恵まれない人達、畜生、草木等に対して、問題を


解決する活動をする者。


小さな子供が、道ばたに捨てられている子犬を、お母さんに怒られるのを


知っていて、連れ帰るさまは、まさに菩薩界の生命の活動です。




この子供が、子犬に対して抱いた気持ちを「慈悲」と言います。


誰しもが、この「慈悲」の心を持っているのです。


釈迦は、「鬼子母神」「十羅刹女」等の説話を通して語っています。


人間である以上、「鬼」は居ないのです。人間である以上「餓鬼」は居ない


のです。どんなに極悪非道の者でも日蓮さんは「無顧の悪人も猶妻子を


慈愛す菩薩界の一分なり」と話しています。


中々、私目は修行が行き届きませんので、ほぼ、24時間の間「餓鬼」でござ


いますが・・・・・爆爆爆






最後の「仏界」です。


これが究極の難しさであります。2000年掛かって、色々な議論を呼び起こし


中国・インド・日本の学僧が研究しています。しかしながら、私目の様な愚鈍の


者がすっと理解出来るような成果が無いというのが事実か。


私目の愚頭で、理解したことを書き記し、理解する為の足しにでも成れば良いなぁ




「Nirvana Notebook」の年間人生計画シートは、9枠に切っています。この9枠の


全体が「仏界」に対応しているのです。実は、この9枠が、9界に対応してくるの


です。詳しくは後ほど・・・・ですが、




夢が叶うとき、それは自分の体の中に「生命」が有るとしっかり認識し、あぁ有る


大切な命がここにあると、解るとき、夢は叶い始めるのです。


脳が夢を描くのでは無いのです。生命が夢を描いて居るのです。命が描いた夢を


達成できるように、「脳」と言う体の一部が、全力でシュミレーションし、計画し


行動するのです。生命が考えた夢を、達成する為にこの五体は有るのです。人間の


体を作り上げているのです。




この実態を言葉を使って「見える様に」仕立ててあるのです。よく、男性諸氏が


つまづくところが、H家庭の枠だと聞きます。書き出せないというのです。


「Wish List」を分類すると、このH家庭が少ない、若しくは無い。と


言う事に気づくのです。



全てが、この命に備わっているのですから、無い訳が無い。しかし、出て来ない


のです。これは、命では、沢山したい事が有るのですが、「脳」の方で認識して


居ない状態なのです。書けない事を通して、「脳」が気づくわけです。スタート


出来るのですから、良い事なのですね。書けない事も・・・・ね。



今日は、ここまで。



=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazuaki.blog9.fc2.com/tb.php/451-0bb6bd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。