09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

小選挙区になって15年 

毎度さま。皆既日食綺麗だったねぇ~~見ました?(テレビでさ)

凄いね。日本では、今から46年前に網走で観測されたそうな。

ん~~んおいらは、1歳か?有ったことすら知らん。



今日のお題、選挙。。。御法度だな。このテーマ・・・・



『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
小選挙区になって15年
=================================

読んで判ったら、行動を変えましょう。変えないと誰も変わったことに

気づきません。気づかれないと意味がない。

変える気の無い人は、読まなくて結構です。他人を変えたいのなら、自分が

変わった方が結果が速い。宜しいですか??





いよいよ、総選挙が来る。と言うか、ようやっとという感じを持っている方々も


多いことでしょう。その逆の人達も居ます。





中選挙区から小選挙区へ



中選挙区の時は、人柄やら地縁、人縁、仕事縁、など縁続きで投票行動をして


いた人も多いと思います。俗に言う組織選挙という奴です。


そう言った組織選挙から風(ブーム)選挙へ移りつつ有る昨今です。



中選挙区の場合は、選挙区が大きく(有権者が多い)複数の当選者があり、各


党が議席を分け合うという事です。そうすると、最大公約数的国会勢力に成り


政策も、陰で折り合いを付けて、国会では寸劇さながらの茶番を経て、中途半


端な法律を作る。とは言え、中途半端でも万遍なく上下、富裕層から低所得者


まで、そこそこ60点の法律になる。まぁアナログ的というか・・・



この名残のまま選挙になったのが、前回の優勢選挙なる小泉劇場でした。組織


選挙+ブーム選挙しかも小選挙区で、偏った国会勢力が出来上がりました。


これは、ひとえに日本国民の幼稚さが反映されていたと総括できます。


そうです、幼稚さです。まぁ、あたくしは、ブームで投票する事自体変だと思


っていますが。




小選挙区制度は、デジタル的と言えそうですが。



本来議会政治とは、政党政治ですから、人柄とか、個別政策という事とは無縁


の筈です。そこに日本的おらが田舎を大切にと言う風習から、国会議員が地域


の為に国家予算を取ってくると言う活動に奔走する。本来であれば、この地域


に予算を持ってくるのは、県議、道議、府議、市議、町議、村議という地域の


議員の仕事なのですが、その勢力は、地方公務員の範疇であり、国家公務員は


話は聞くが、体よくやんわりお断りをするので、国家議員の登場と言うことに


なります。


これが、デジタル的小選挙区なると国会議員は、党の公認を貰うための活動に


軸足を移動します。なぜなら、地方の議員の為になることをしても、党はその


活動を評価しません。評価しないとなれば、公認を受けられず、選挙において


苦戦を強いられる。なので議員の質そのものが変化しているのです。


その変化を知らずに、中選挙区の名残のような考えで投票したのが、前回の


小泉郵政選挙です。大量の与党議員が誕生し、好き勝手をしたのです。




人を見て投票するな!!



政党政治に、個人的政策(マニフェスト)は必要ない!!でしょ。


個人の思いなど、国会には通用しないのです。武部さんが何を言おうが、町村


さんがどう言おうが、党の決定に従うしかないのが、政党政治です。刃向かえ


ば、次期選挙で公認を貰えませんからね。刃向かうと言うことは、離党すると


言うことですから、誰も好きこのんで他人のために自己犠牲をする訳が有りま


せん。
ここが、国会議員の資質に直結するのです。自己犠牲です。





前回の選挙後起きたことを思い出さないと、投票は出来ないはず。


この4年ぐらいで、起きたことは、アバウトに揚げましょう。


所得税実質増税。健康保険料値上げ。母子加算廃止。特別配偶者控除廃止。


障害者に対する諸経費増加。地方交付税の減額。年金掛け金の増加。


酒税の実質増税。


これは、家庭レベルでは、入は減り、出は増える。と言うことです。



小泉さんのやったことは、家庭から(主婦)から、お金を取ったと言う事にな


ります。それなのに、小泉さんの改革に賛成した世の人達は、ふっと腹と言う


か、お金持ちというか。実にうらやましい。


これは、与党がしたことです。自民党、公明党。


平和に付いては、イラク戦争参戦、アフガニスタン戦参戦。後方支援は、戦争


の要なのです。孫子の兵法では、イロハのイに相当するのです。


公明党は、特に悪い。戸田先生が作った平和の党を、戦争へ参加させるという


とんでもない事をしたのです。浜四津、神崎両氏は、創価学会自体を巻き込み


戦争の片棒を担がせたと言う事実が有るにも関わらず、自らを正義と吹聴して


居るのです。




事実をしっかりと思い出し、我々国民が幸せなのか、不幸なのかをしっかり


考えて行かないと、とんでもない国が出来上がります。


自殺者が3万人強、これ世界一です。雇用の不安定さ途上国並み。国民所得


世界で19番目。子供が生まれない国世界一。財政赤字率世界一。国債(借金)


の発行額世界一。本国文化放棄世界一。


幾ら売上高が(GDP)世界2位と言うけれど、配分されない国。


一体どうなるのか不安を抱える世界一不幸な国。





しっかり、考えて選挙に臨みましょう。






好き嫌いで、行動していると、しっかりとした実力は身に付かない。知ってい

るだけで、実行する要領を知らなければ、知らないのと同じ事。なぜなら

知っている人と知らない人の結果は同じだから。。。頑張れよ!!

=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazuaki.blog9.fc2.com/tb.php/400-4e011d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。