09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ふーどりーむずと丸源後藤水産に付いて。 

毎度です。年末年始に掛けて、おせちが届かないとか、頼んだ


カニが届かないと言う事件が、発生。


この事についての考察。




========== 今日のお題は? ===============
ふーどりーむずと丸源後藤水産に付いて。
=================================



おせちのない、お正月。年越しのご馳走が無い。


想像をしただけで、ぞっと背筋に冷たい物が走ります。





製造が間に合わなかった。連絡が付けられなかった。注文が殺到


して打ち切りの判断に躊躇が有った。




こんな言い訳を両社の社長はしている。ふーどりーむずに関して


言えば上場会社であり、特殊冷凍技術で度々、メディアにも取り


上げられかなり重い責任が発生して居るであろう。この事は論に


待たずともハッキリしている。




株主にも、顧客にも、上場まで力を貸して下さった関係者にも。


急に会社が大きくなると、自分の能力をはき違えるのでしょう。


気持ちは解りますが、大分、増長していたのでは無いか?


銭函の工場は、一応本社と言うことに成ってはいるが、とても


万の数の顧客を捌ける会社ではない。小さすぎるのです。人数も


少なすぎる。一見すれば出来ない事は解ります。




新興の会社で良く有る事だが、人が育たないのである。


ただ忙しく、何の為にしているのかが、判らなくなる。そうする


と従業員は、責任感を失い、いい加減に仕事をする様に成る。


ふーどりーむずの様に、ワンマン社長の会社では、社長が一番、


後、従業員同文の様な扱いをするものです。


叱られる、文句を言われる、自分が必要な人間なのか、従業員が


判らなくなる。社長が、この仕事は大丈夫かと聞けば、返事も


いい加減である。社長は、気分の良い言葉だけ聞き、本当の事は


何も知らないという状態へ追い込まれる。


ふーどりーむずは、存亡の危機に直面している。





では、どうしたら良いのか?






答えは、社内教育の充実しか無い。





以前、日本人は、講釈が多くて、使いずらい。だから、アジアの


人達を日本で仕込み、中国と韓国工場で働かせると言う様なテレ


ビ番組で猿渡社長が自慢げに話をしていた。


これで良いのかと思ったが・・・・やはり駄目だった。




時代はネット社会に移行してきている。今、団塊の世代が社長を


している方は、考えた方が良い。この方達の若かりし頃は、物が


無く、物質的欲求が最大の関心事であった。明日の食べる物を


手に入れる事が最大の関心事であった。現在は、働かなくとも


食べていけるのである。ニートを嘆く前に、何故、ニートが発生


したのか?が大切なのである。



これを、考えずして、この先どうやって、今の若者を仕込むと


言うのであろう?



日本人が、日本人に愛想を尽かしてどうなるのであろうか?


根本に、今の若者は駄目だと言う考えをお持ちの経営者が、今


回の様な、事件を引き起こし、その結果が、今の若者に伝播して


行くのである。結局、いい年の親父は、若者のお手本に成ってい


ない為に、社会の方角が変な状態に成っているのでは有るまいか。




人を教え、仕込むという事は、大変な作業である。社長の人格が


大きなウエイトを占めるからだ。


あの年代の大きな間違いは、怒鳴れば良い。叱りつけて仕込む。


こんな方法は、もう過ぎ去って20年は経つ。


現代の人間は、基礎教育がされている。何をどうしたら自分が


良い目を受けるのか?について敏感である。


どういう人生が、価値的なのかを植え付ける必要が有る。


人とは、誰かの為に働く。だから感謝の言葉を掛けられ、又頑張


ろうとする。どんな仕事も同じでは無いか?


この目的感が大切である。褒める事を80%叱る事を20%にし


なければ良い結果は得られないでしょう。


自分の古い考えを変えなければ、大きな責任は果たせない。これ


が現実である。



=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
スポンサーサイト
商売とは・・・  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazuaki.blog9.fc2.com/tb.php/218-28db4dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。