07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ニセコ東山「プリンス」へ忘年会・・・ 

毎度様です。


後、2週間で今年も終わり。暇なのに、忙しなく感じるのは、あたくしだ


けでしょうか?



========== 今日のお題は? ===============
ニセコ東山「プリンス」へ忘年会・・・
=================================




クライアントのご厚意で、ニセコ東山プリンスに行ってきました。


有り難うございます。朝食のクロワッサンが美味しかったです。


とまぁ、こんな程度です。



バイキングは、ジビネスホテル並・・・・期待はしない方が良いかもね。


従業員の仕事は、マンネリ化を呈し、誇りもプライドも無い。墜ちるとこ


ろまで墜ちたという感じ。




西武の堤さんの事件が有ったから仕方がないと考えるのか、それとも、


栄光の過去を、取り戻すのか?


存続が決まった以上、取り戻すのが、お客様に対する礼儀と思うのですが


現場はそう思わない様であります。


給料や待遇や様々な要因が有るのでしょう。


でも、そんな感傷に浸っている内に、ついには、お客様の信頼、期待、応


援したい気持ちさえも、失ってしまう現実が直ぐ側に有るのです。






幾ら小さくとも、組織の長の気持ちでなんとでも成る。




「長の一念、組織を変える。」






クライアントで、私の本業ではない物を1件させて頂いている。


「長の一念」と言っても、伝わらないと、意味を持たない。


どう伝えるのかが、一番のポイントになる。




本当に携わっている経営者は、良い信念を持ち合わせているが、組織には


伝わらない。何故なのか?




経営者の「人格」「性格」「性質」なのであろうが、難しい物である。


しかしながら、そんなことを問題にしていても、解決はしないし、企業自


体も存続しがたい。時代が許さないであろう事は、予測出来る。




結論から言えば、




「性格は、変えられないが、手法は変えられる。」




これが答えである。





小さい組織は、準備が出来ていない。すると、経営者が、その場で判断し


裁決し、結論を出す。一見スピーディーで良いのだが、これが、問題の


根幹にも成る。問題は、筋が通っているのか?と言うことである。


云っている事に、一貫性が有るのかが、問題である。これが、少しでも


ぶれると、組織は死に体を呈することになる。




解決の第一歩は、指示は、書面で行うことを提案しましょう。時代に逆行


しているように見えるかも知れないが、朝令暮改等というのは、やって


良いセクションとシテは行けないセクションが有るに決まっている。


組織が死に体に成ってしまった以上、基本に戻るより仕方がないし、基本


が無いのなら、作るより仕方がない。




=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
スポンサーサイト
売上向上への道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazuaki.blog9.fc2.com/tb.php/212-3d2d321e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。