11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

さて来年は?どうなる? 

毎度さまです。

小冊子作り、「Nirvana Notebook」2010作りに没頭していました。



『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
さて来年は?どうなる?
=================================



しばらく、更新もせず、商品作りに没頭していました。


本年も、飽きもせずお付き合い願いまして有り難うございます。




だんだん世相は、悪くなる。




悪くなる要因(順序関係なし)


1)人々の心根が、「四悪趣」に固定化している。


  これは、行動に出て来ますね。売れない物を、低価格でも、自らの身を


  削っても販売しようとする。商売根性。


  商売の原則は、売れない物は、売り場から排除しなければ成らない。


  この当たり前の原則を守れない。何故か?


  理由は、「新商品」を開発しないからではないか?


  多少なりとも売れている物から、全く実績の無い商品に転換できない、


  経営者の怠慢・意気地なし・が引き起こしている。


  巨大スーパーが、PB商品の開発に血眼になるのは、この原理を行って


  いるだけである。では、小さな所はどうするのか?お金が無いから、開発


  せずにこのままなのか?小さいところは、小さいなりに努力をしなければ


  いずれ倒産する。要するに、大切なのは「努力・勇気」である。


  景気が回復する等というのは、幻想である。


  減り続ける全国の売り上げの分捕り合戦なのだ。



2)経営者が責任を負わない「卑怯者」の集団に成った。


  世に言うところの、経営者の手本という人たちは、純粋・無垢・無知


  と言うような、目指す目的を持っていた。


  昔、昔の「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康」何が何でも、戦を無くする。


  方法論の是非は有っても、目指す世の中を持っていた。


  「上杉鷹山」は、藩財政の立て直し、民の幸せを願って改革に立ち向かう。


  「松下幸之助」は、お母さんが楽になる商品を作る。


  「本田宗一郎」は、バイクを通して、日本に自信を持たせる。

  
  「坂本龍馬」は、開国論で、自由な、平和な、平等な世の中を作る。


  「池田大作」は、宗教で、自由な、平和な、文化的な世の中を作る。


  批判する前に、行動を起こした方がずっと「大人」である。「批判」を


  するばかりで、何も行動しない。口だけ動かしている人たちは、その辺に


  転がっている「下賤」「下品」「卑怯者」「意気地なし」類の人であり


  議論など相手にしない方が賢明である。


  経営者は、いったい何で、何を目指すのか?これを自問した方がよい。




結局、来年は、断末魔の始まりの年になる。


1)政治家は、政治家のエゴのみで行動する。お金・当選のみを目指す


  政治家は居なく成らない。もちろん、公務員も居なく成らない。



2)経営者は、いつまで経っても、楽して儲けるしか考えない。人を使い捨


  てにして、人材を作らず、仕込まず。




3)教育者は、他人の子供などどうなっても、知らん顔を決め込み、自分の


  保身しか眼中になし。



4)一般生活者は、悪いこと、良いことを判別できない。いつまで経っても


  学習しようとしない。だまされ続ける。



5)親が親のエゴのみで、我が子を甘えさせ、ひ弱な軟弱な人間に育てる。


6)宗教家の不在。


7)言葉の単純化。


8)教育をしない大人たちの蔓延化。




この様な世の中で、どう生き残るのか?このお正月は考えなければ、


来年は、大変だ。人任せにできない。仕事は、待つ物ではなく、作る物なのだ。


仕事が無いのなら、作るしかない。誰もくれない。




「悪」に染まってはいけない。「何もしない」は、悪の中の悪の権化。




「勇気」を持ちましょう。「リーダー」になろう。「考え」よう。




「行動」しよう。「影響力」を発揮しましょう。


  

=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================
スポンサーサイト
「北海道セールス大学校」  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

手帳の効用 23 

毎度さまです。


北海道は真冬日でございます。


冷凍庫の様です。



『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 23
=================================



続き


今日は、行動力について始めましょう。




営業の場面で、新規の顧客開拓は、気の進まない場合が多々ある。


ルート営業の場合は、相手先の会社が大きいとか、誰にあったら良いのか判ら


ない等が上げられるのか?


又は、何を話したら良いのか判らないと言うのもあるで有ろう。




この事は、どんなに経験を積んだ営業でもあり得るのである。


しかも、昨日は何でもなかったが、今日は気が乗らない。もっと重傷だと


行きたくない。に成ってしまう。どうしたのでしょうか?


営業以外でも、業務改善を行おうとしても中々行動できない。




理由を聞けば、「忙しい」「判らない」「一件に時間が掛かり出来なかった」


こんな理由が満載でしょうね。何ででしょうか?




『Nirvana Notebook』で解決できるのであろうか?自問してみた。


完全な解決は出来ないと思うのですが、解決に向かう手伝いは出来そうです。




中々業務全般に対して変革できない。要するに「行動力」が問題になる。


動くのか、それとも動かないのかと言うことです。


「十界論」で、まずこの現象を分析してみましょう。



判りやすくするために


ここでは前提を「売り上げ不振」と言う経営問題が発生した事にしましょ


うね。


何かを変えなければいけない。しかし、ここで多くの人は、感じている感覚が


口に出してしまい、数字で検証したり、顧客に聞いたりしない。だから、何かを


変えようと思っても、自分が出した原因を今一信用できない。誰もその原因が


本当だと断言してくれていない。だから、本人が一番不安なのである。


「売り上げ不振に何故成った?」と言う原因に対して確信が持てない。


自信がない。ここが、問題解決を遅らせる一番の理由ですね。


もう一つ、変化には「リスク」が伴いますね。リスクが付き物なのだから


常に考えているような結果に成らない事の方が多い。


常に「リスク」と「セイフティー」の天秤を考えているわけです。


考えるの良いのですが、原因をはっきり、確実に、自信が持てるのでしょうか?


実に不安極まりない状態に陥るわけです。しかも本人を含め誰もそんな状態を


喜ぶ人は居ないのです。誰に頼まれる訳でも無く、誰かに陥れられた訳でも無く、


ご本人が勝手に陥っていくのです。実に不幸です。




「十界」で説明しましょう。


不安に成るのは「地獄界」の作用。問題の原因を解明しないのは「餓鬼界」の


作用。「リスク」と「セイフティー」を天秤にかけて常に「セイフティー」を


望むのは、「人界」の作用。「リスク」を嫌い回避するのは「修羅界」の作用。


この状態を「六道輪廻」と言います。常に「この六道」を堂々巡りしてしまう


のです。ご本人の「脳」が知ろうが知らまいが、勝手にこう成らざるを得ない


のである。これが「命」と言う物である。どこまで行っても「命」が主である。


「頭脳」は従で有るという証左なのでしょう。





この解決は、「自分の命」に有る「四聖」の作用を使わなければ解決はない。


「地獄界」を制するのは「仏界」。「餓鬼界」を制するのは「菩薩界」。


「修羅界」を制するのは「菩薩界」。「不安」を解消するのは「声聞界」


「縁覚界」の「二乗」の作用。「売り上げ不振」と言う問題に立ち向かうのは


「菩薩界」。




「Nirvana Notebook」で解決に向かう手伝いをさせようと思うのです。


「菩薩界」「声聞界」「縁覚界」をフル回転しなければ解決しません。


「声聞界」「縁覚界」は、「知識・知恵の習得」に対応しています。


「菩薩界」は、「家族と仕事と社会貢献と未来への備え」の四つに対応して


います。ここを強化する必要が有る。


解決の方法論は、「知識と知恵の習得」で考案され、行動する内容は、「四つ」


の「家族と仕事と社会貢献と未来への備え」で判るように成る。特に「売り上げ


減少」と言う今の問題解決には、「未来への備え」が大切である。「商品開発」


「新たな人脈作り」「新規の顧客獲得」これら「売り上げ不振」を解決するため


のカテゴリーです。



後は、「勇気」だけですね。これは次の更新で・・・・


=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================

手帳の効用 22 

毎度さま。


「民主党」は大丈夫か?


野党時代は、元気よくいろいろと耳障りの良い言葉を、はき続けたが、いざ


政権に付いた途端、違うことを言い出している。


「嘘つき民主党」なのか?


まず行うべきは、無駄の徹底排除と言っていたね。それはどうなった?


440程度の「事業仕分け」で選挙で投票した者の目を誤魔化す気か?


これが出来なければ、「増税」はしない。と言う約束はどうなった?




ここ最近の議論の的は、「増税」の話ばかりが、マスコミで流されているが


おかしくはないか?変じゃないか?


「たばこ税」増税ですか?!「自民党」と考えが一緒だな。まるっきり同じだ。


困れば、たばこ税の増税だ。何が健康だ。そんなに健康のことを心配しているの


であれば、たばこを禁止すれば良い。麻薬のように法律で禁止すればよい。


何故、嘘を付くのか。まるっきり、出来の悪い幼稚園児だな。




このままなら、「参議院選挙」は絶対に勝てない。誰も嘘つき政党に入れない。




『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 22
=================================




続き


政治も経営も一緒だ。


嘘つきからは誰も物を買わなくなる。






「Nirvana Notebook」有料版には、「行動チェックシート」が付いています。


どんなにすばらしい計画を立てても、行動が出来なければ何も達成しない。


しかも、日々の業務をこなし、変化のための新しい計画を行動するには、体も


頭脳ももの凄く忙しくなる。忙しくなれば、「十界論」で述べた「命」の傾向が


如実に出現する。外界の事柄に触れるたびに、命の十界の何かが出てきて、物事


を判断する。忙しいだけで、イライラする。考えている事が上手く行かなければ


やはりイライラする。心の中が平静を保てなくなる。すると十界論でお話しした


その人が持つ命の傾向のまま、行動が決まってくる。




この「命」のままの何の制御もしなければ、行動は悪い方角へ進んでいくモノで


ある。なぜなら、「人間の命」は、「三悪道」「四悪趣」の傾向が強く、放って


置くと「三悪道」「四悪趣」の判断をする。         参照ページへ




これを止めるには、頭脳を使うことです。「行動チェックシート」を使い、時間


ごと、日ごとチェックする癖を付ける事です。


この『癖を付ける』というのは難しい。長続きしない。いくら意識付けをしても


難しい。


当校では、まず、この手帳を肌身離さず持ち歩く事をします。暇な時間は、誰しも


必ず5分や10分は必ずある。その暇な時に手帳をめくることから始めます。


ただ見るだけです。飽きても、今日のスケジュールを確認はするでしょう。


そのときに、『Nirvana Notebook』の部分を眺めるのです。




この『癖を付ける』が、【修行】です。




辛いのです。辛抱が肝要です。嫌なのです。辛抱が肝要です。




飽きるのです。辛抱が肝心です。




ここが勝負の1本目です。ここが本当のスタートです。




ここが成功と失敗の分かれ道なのです。






=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================

手帳の効用 21 

毎度さまです。


TVHで放送の「ザ・復活」を見て感じ入っているあたくし目でございます。


野村克也前監督のお話でした。


『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック


========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 21
=================================



今日は、会社設立趣旨について


「したい事・夢リスト」を書き、「わが人生20年の軌跡」へ転記、ここから


自らの事を深く再認識していく。その認識したモノを、次のシーへ移していく


作業をします。


その作業の一つが「会社設立趣旨」を考えると言う作業に成ります。


会社設立趣旨を考えるにあたり、まず、考えて欲しいことは、従来の『あの


額縁に入れて飾っている』あれを考えないで欲しいと言うことです。


考えて、文章化したものに自社の名前を最後に書き記す。全文を○○株式会社


まで読んでみる。その次に、違う会社の名前に取り替えて読んでみる。


何の引っかかり、違和感の無い、『会社設立趣旨』で有ればこれは、違うと思


うのです。





例えば


1.私たちは、お客様第一主義を貫きます。


1.私たちは、商品のクオリティーを向上させます。


1.私たちは、顧客満足度を向上させます。


○○株式会社




これは、だめだめちゃんの例です。○○に違う会社名を入れても何にも、


違和感は感じられないでしょう。


これだと、まだまだアバウトなのです。大まかすぎるのです。


1.お客様第一主義とは何でしょうか?誰でも持っているのですが、


人それぞれのハズが、なぜか文章にするとまとめてしまう傾向が有る。


書いている社長自ら、誰とも同じでは無いのですが・・・・ね。


違いは何?と言うことを書くのです。




「彼を知り、己を知れば、百戦殆うからず。彼を知らずして、己を知れば



一勝一敗す。(いっしょういっぷ)彼を知らず、己も知らざれば、戦う毎に



必ず敗る。」 孫子の兵法謀攻編より



前回に書いた孫子の兵法ですが、【己を知り】の部分を文章にしていく行程の


一つなのです。会社の経営は、ここをきちんと認識していることから全てが、


始まります。販売・営業から人事、経理、利益処分方法、問題解決等々、


経営に関する判断基準に成るのです。


判断基準ですから、社長自らの性格・人格を自ら認識する必要が有るわけです。


気に入らない判断を、したとしても実効性が無いでしょう。精神的にもきつい


のです。


従業員を大勢雇っている会社であれば、あるほど大事であり、共有すること


自体が必須であることが大事である。何故かって?


だってほとんどの判断は社長の知らない処で行われるからです。





だめだめ例題を二つほど


ミートホープ      「創意工夫」


木村建設(熊本県八代市) 「安全・安心・・・」だったかなぁ


ミートホープの「創意工夫」人をだます、悪意の創意工夫と書いてあれば正しく。


木村建設(熊本県八代市) 「安全・安心・・・」は、自社の安全と安心と書けば


正しい。


でも、社訓を悪意の満ちた言葉で綴ることは考えづらいので、これは偽装と言う


事でしょうね。


社長一人だけが、悪意が有ることを理解していて、その他の関係者は善意の意味


で理解をする。


なんと嘆かわしい・・・・


=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================

手帳の効用 20 

おはようございます。


札幌は、昨日はどしゃ降りの雨。今日はシンシンと降る雪。どうなってるのか?


異常な気候だと感じるのは、あたくしだけか?




今週は色々有りすぎました。


水曜日午後、突然、私のパソコンBos1号が突如ダウン。ハードディスクの


クラッシュ。昔のテレビのように叩いてみると、深夜再起したのですが、不安


なので、急遽、くろくまパソコンを購入。その復帰に3日もかかり、漸く、


データの復帰を滞りなく終了。しんどかった。青ざめた。




鹿児島県阿久根市の市長のBlog発言問題が、非常に腹が立つ。


「住民至上主義」というBlogの題名も、噴飯物だ。言葉の意味を学習し直


してはどうだ。「防衛大学」のレベルはこの様なレベルなのか?それとも、


社会に出て、22歳の頃の記憶レベルでその後なんの努力もしてこなかったので


頭が馬鹿に成っているのか?


どんな意見が有ろうが、どんなに偽善が蔓延しようが、事、命の話を高度医療に


事寄せて、言っていいのか?生きる基本的権利は、誰にでもある。誰がなんと言


おうがある。自殺者が自らの命を絶つなどと言うことでさえ、許されない。


どんなに苦しくとも、命は自分のモノであろうとも、命を勝手に絶つなどと言う


ことは許されない。


命は、絶対に自らの命を絶つという事を志向しない。志向するのは、命を支える


一つの部品である「脳」が、目指すのである。


命の尊厳を考えるは、「脳」であり、脳が考えている内は、尊厳など解るはずが


ない。命の尊厳は理屈ではないのだ。ただただ、大切であり本人も含めなんびとも


犯しては成らない。


ましてや、竹原などが軽々しく、命の事を話す権利さえない。全く、人としての


まともな感性もない。阿久根市の市民は、こんな薄情極まりない人間を市長として


掲げ、良いのか?良しとするならば、常識も、正当な人間としての資質もない


人の皮を被った、「餓鬼」の姿その物である。




『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 20
=================================


続き




計画を立てたら、「実行」するのみなのですが出来ないと言う質問が多いので


すが、やっぱり、ここが難問でしょう。


出来ないから、結果が出ない。成果が上がらない。




「彼を知り、己を知れば、百戦殆うからず。彼を知らずして、己を知れば


一勝一敗す。(いっしょういっぷ)彼を知らず、己も知らざれば、戦う毎に


必ず敗る。」
 孫子の兵法謀攻編より




ほとんどの場合、「行動・実行」と言うことが出来ないから、結果が生まれない。


では、なぜ動けないのか?やる気満々で始めたはずが、なぜ実行・行動に移せ


ないのか?


計画を立てる時に、孫子の兵法にある己を知ればを怠り、「計画」を立てていま


せんか?



なぜって?



だって、経営計画を考える時、色々な書籍とか、税理士の先生とか、コンサル


タントとか、今までの経験とかを参考に、「経営計画・販売計画・諸計画」を


策定すると思うのですが、そこに、自らの性格・性質・指向性等々、自らを


知った上で、計画していないように思われるのです。


短気な人が、無理矢理、今の流行は「農耕型営業」だからといって、この方法で


計画を立てれば、まどろっこ過ぎて途中で嫌になる。するとイライラが募って


途中で頓挫すると言うのは、よく聞く話です。


「正直」の気持ちが強すぎる人が、「訪問販売型」の売り方を採用すれば、心に


変調をきたす。


「まめに動けない」人が、こまめに行う事が多すぎれば、途中で投げ出す。


まずは、始める前に、己を知ることを行わなければ始まらないのでは?





事業計画とか、売り上げ目標とかを、「Nivana Notebook」で書き上げますが


その前に、自己分析をしてもらうのです。その上で、「経営計画・販売計画・


諸計画」を立てるのです。まずは、解る範囲で失敗の目を積むことが肝要です。




では。また



=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================

手帳の効用 19 

お早うございます。


キーワードは、システム手帳・A5リフィル・使い方・書き方



『北海道セールス大学校』からのお知らせ
ご覧に成った人だけ得するページ

                         ここをクリック



========== 今日のお題は? ===============
手帳の効用 19
=================================



会社からの依頼で当校に通っている生徒が居ます。中にはこれから話すような


社員も居ます。


彼は、人当たりは素晴らしく良いのです。「ハイハイ」と返事も良いのです。


全てに渡り「ハイ」の返事が戻ってくるのです。『Nirvana Notebook』作成


の一番初めである「Wish List」を書きましょうと言うと、例の返事です。


元気よく「ハイ」と答えます。では、来週まで書けるだけ書いてきてくださ


いね。と話すとやはり元気に「ハイ」の返事が返ってきます。


しかし、当日に成り、「書いたか?」と聞くと「書いていない」のです。


理由を聞くと「忙しかった」「考えたが書かなかった」と出来ていない理由を


言います。そして又同じ、課題を課すと口では、やりますと答えるのである。


いつまでと問えば、「来週まで」とか答えるのである。


しかし、結果は「書いてこない」のです。全ての課題でこの調子なのです。




普通の人は、何で相手にする?と言う疑問が沸くでしょう。この様な人は、


会社で教育するのは、費用対効果の関係で多くの会社では無理でしょう。と


思う方は多いと思います。私の指導力の無さか?それとも見極めの弱さか?





やる気の問題



幾ら良いアイディアが、そばにあっても行動を起こさなければ何にも成らない。


何の変化も起きない。目的・目標など、0.000001㎜も前には進まない。


ここに、やる気の問題が有る。


特効薬は無い。薬は、漢方の様に徐々に調子が良くなり、気が付けば直っていた。


と言う風に時間が掛かる。これらの性質を強く発露している人に与える薬は、


テーマ+時間と言うことになります。


これらの人に、「やる気を起こさせる」薬は、もの凄く低い目標を与え、


強制的にやらせる。失敗だろうが、成功だろうが、「やった」と言うことに


対して「褒めてあげる」この繰り返しである。このタイプの人は、成功した時の


喜び、うれしさ、充実感と言ったモノが無いのが特徴である。




十界論で言えば、地獄界の性質が顕著に発露している。餓鬼界であれば、欲が


強いため、本人が欲しいと思うモノで釣る事も可能であるが、隣の餓鬼界の


性質さえ押さえつけるだけ「地獄界」の性質が強い。





釈迦のたとえ話で「一闡提」(いっせんだい)のお話があります。



有るところで、釈迦は、大勢の弟子檀那の前で、お話をしていました。


すると大地震が起きて、地面がぱっくり割れて、多くの弟子、お話を聞きに来た


人達が、そのぱっくり割れた地面の亀裂に落ちていきました。釈迦は大変だと、


その亀裂に向かって、大音声で叫びます。


「わが弟子檀那達よ、今こそ、南無妙法蓮華経」と唱えなさいと。


その弟子檀那達が落ちた地の底では、鬼の姿の者が落ちた人達を捕まえては、


食べています。自分たちと同じに落ちた仲間が捕らえられ食べられている。


それはそれは、恐ろしい光景の場所です。


そこにずっと上の方から、釈迦が叫んでいるのです。しかし、落ちた人達は


声を出して鬼に見つかれば、食べられてしまうと思います。だから、声を出さ


ずにジッとしています。


落ちた者の中には、あの釈迦の様な声は、きっと鬼が我々を捕らえるために


叫んでいるのだ。欺されてはイケ無いとばかりに、岩陰に隠れています。



その中の数人が、地上に居た時に聞いた釈迦のお話を思い出し、釈迦の言う通り


に「南妙法蓮華経」と叫びます。するとどうでしょう、叫んだ人達は、ぱっと


その地の底から居なくなるのです。瞬時に地上へ行ったのです。


その時に又、上の方から釈迦が「わが弟子檀那達よ、今こそ、南無妙法蓮華経」


と唱えなさいと。叫んでいます。


残った者の中に、「さっき、南妙法蓮華経と叫んだ者は、きっと鬼に捕まって


食べられてしまったのだ」と口々に言いながら、岩陰の奥へ奥へと隠れていき


ます。又、上の方から聞こえてきます。「わが弟子檀那達よ、今こそ、南無妙


法蓮華経」と唱えなさいと。


奥へ向かった人達の中の数人が、地上に居た時に聞いた釈迦のお話を思い出し、


釈迦の言う通りに「南妙法蓮華経」と叫びます。するとどうでしょう、叫んだ


人達は、ぱっとその地の底から居なくなるのです。瞬時に地上へ行ったのです。


残った人達は、口々に言います、きっと「さっき、南妙法蓮華経と叫んだ者は、


鬼に捕まって食べられてしまったのだ」。


この最後まで地の底に残った人達のことを「一闡提」と言います。


この一闡提の人達は、地獄の住人です。行動の特徴を話したのです。特徴は、


人の言うことを信じない。自分の立場をわきまえない。いい人か悪い人かの


見極めが無い。食べられるだけの存在なのにそこから逃げようともしない。




これらの特徴を持つ、例の社員さん教えるには?


「仏・菩薩界」の性質を使うしかない。忍耐と忍耐と忍耐。忍辱の鎧


(にんにくのよろい)
を着て付き合うしかない。


我慢強く、低い低いテーマを与え、行動させ、褒めて褒める。時間を掛けて


教育するしか方法が無い。





=================================
経営ブログランキング
企業ブログランキング
FC2 Blog Ranking


《《《《《《  優しい人だけクリックしてね∈^0^∋ ↑》》》》》》
=================================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。