01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

『おとなのビジネス塾』

  // 

会社を少しずつでも良くしたいと思う貴方のために。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

起業家は、この資質・・・ 

お早うございます。


疲れています。精神的に・・・・




========== 今日のお題は? ===============
起業家は、この資質が無いのなら、起業を諦めなさい。
=================================




こんな、あたくしでも、会社経営、15年目を向かえております。


仕事柄、色々な社長と呼ばれる人に、会って行動・言動を見る機会が有り


ます。絶対に起業できない資質の持ち主も沢山見てきました。




ここで、少しご紹介・・・・。



1番目。

   経営において、何が一番最初に考えなければイケ無いのか解らない。


起業というフィールドは、何もない状態から始まります。ましてや、会社


を退社して、起業する場合、本当に何もありません。お金、人脈、知名度


何もないでしょう。では、何を初めに考えたらいいのでしょうか??




2番目

   人に対して感謝していると言うことを、表現できるの??



何もないスタート。でも、一人でも、二人でも、何もなくても協力者がい


るものです。では、この協力者にどうやって、心を伝えるのでしょうか?


本質をご存じ??




3番目

   誰が一番大事なの??

さて、誰でしょう??




4番目


   ワンマン社長というのは、どうやったら出来上がる??
   その社長って、一般的に好かれますか??




5番目



   利益の発生する瞬間はご存じ??


起業する場面で無くても、一般の社長にも言えることですが、この瞬間は


どのタイミング??




6番目



   字を書くことが、面倒ですか??




これらの事を、考えたり、調べたり、興味を持てない人は、起業をするべ


きでない。



答えは、このBlogを読めば、解ること。


今日は。大切にしていた人に裏切られ、少々凹んでいます。



今後の、対応をどうするのか、悩んでいます。人と付き合うと言うことは


大変です。




あぁっ、だから世の中、ネット販売に傾いてくるのですね・・・・




=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
スポンサーサイト
商売とは・・・  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

北海道のセールスマンの資質 

毎度様です。眠たいです。


昨日は、栃木のとある食品会社の専務と出会いました。


熱い、体験談を聞かせていただき有り難うございます。



========== 今日のお題は? ===============
北海道のセールスマンの資質
=================================



栃木食品の常務様としばしの歓談で・・・



「何故、北海道はこんなに上手い物が有るのに、本州に紹介しないのだろ


う?」と云う疑問です。



私・・・・「僕は、大阪で商売の原型を学びましたが、内地の人間は諦め


ない。北海道、東北人は、一度断られると、二度と訪問しない。」この事


に尽きるのでは無いでしょうかと答えた。



すると、専務は、「言葉を換えれば、謙虚、素直、奥ゆかしさ」ですかねぇ


私・・・・「商売においては、言葉は買えなくても良いのではないですか?」


     「タダの意気地なし、怠け者で良いのでは・・・・」


     「素晴らしい人は、沢山いるけど、会社内では評価されない」

     
     「だから、一匹オオカミ的に自営になり、売る力があるから


      潰れないで経営している人が、私の回りに沢山いますよ」


     「この人達が、一つにまとまって居たら、凄いことに成ると・・」



専務   「組織が大事だと言うことだね」


     「僕も、営業だけど、営業をまとめるのは大変だよ

ね・・・・」


     「処で、あんたは何屋なの??」



私    「セールスレップです。」




専務   「・・・・・何それ??」





こんな出会いでした。。。


楽しい、一時でした。有り難うございます。




=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
売上向上への道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ランチェスター 

毎度様。思いっきり手抜きして、エントリーしてませんでした。



言い訳その1

   雪祭りだったから



言い訳その2

   オリンピックで寝不足に陥っているから・・・・




申し訳ありません。ごめんなさい。ゆるして~~~~。



========== 今日のお題は? ===============
バレンタインデ~~。
=================================



チョコ3個戴きました。有り難うございます。お肉の元を食べちゃいまし


た。



今日はランチェスターのお勉強をしてきました。


研究というか・・・・何というか・・・・


駆使できるように成れば、凄いかと・・・思います。




その前に、今日の研究は、営業マンの資質という奴です。戦力ですよね。


一人の営業能力の事です。



各種のランチェスターの本には、余りこの事は書かれていません。


では、と言うことなのでしょう。







ここからは、Kazuakiの考えなのです。



現実の営業マンの仕事の中で、大切なのは、本人の力だと思います。


例えば、三国志の張飛の様な強者が100人居る会社と三国志の中の一兵


卒が100人の会社の競争を想定すると・・・・あっ! 同じ武器を持っ


ている場合。




さて、どちらが勝でしょうか?




張飛軍に決まっていますね。強いですからね。一騎当1000の強者です


から、勝とうと思えば、一兵卒達に、張飛の強さを上回る武器を与えない


と勝てないわけです。


現実にそれでは、どうでしょう?真剣に考えている、社長は営業マンを育


てようとするわけです。教育して武器を増強するのですが、その活動をし


ない愚かな経営者も沢山居るわけです。ですから、競争に負けると倒産し


てしまうのです。



そこの処、お手伝い出来ます。わたくし(*^_^*)。





=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
売上向上への道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

非凡塾の仲間が、全国のコンクールに 

毎度様です。


一昨日と昨日は、勉強の日で御座いました。大学の・・・・


商法総論なるものを、勉強しましたが・・・・


教科書と6法が変わってまして・・・とうとう新会社法が登場します。


その為に、商法の31条以下、削除と言うことです。



========== 今日のお題は? ===============
非凡塾の仲間が、全国のコンクールに
=================================




非凡塾に居ると色々な人と出会います。


オフィス・トライアングルの社長様。「おめでとう御座います」そして


頑張ってください。今頃は、東京でしょうか。


女性起業家支援プロジェクトに北海道代表に成りました。


駄目もとで頑張って欲しいモノです。優勝すれば100万円!!


ではでは。



オフィス・トライアングル



=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
売上向上への道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

食品業界 

毎度様です。


連れ合いの子供が、就職決まりました。正社員です。


一安心です。良かった良かった。



========== 今日のお題は? ===============
食品業界・・・
=================================



食品会社のPC業務全般承りました。



経理からネットショップまで。


暫く、ネットショップから離れているので、勉強が大変です。勉強ばかり


していても、儲からないという状態です。



とにかく、頑張りましょう。






=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
売上向上への道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

「東横イン」ホテルなんだかなぁ。。。。 

毎度様です。


西田社長の事。


========== 今日のお題は? ===============
「東横イン」ホテルなんだかなぁ。。。。
=================================



マスコミの餌食に成っている「東横イン」ですね。


西田社長、どう思いますか?




私はね、そんなに悪い人なのかと、言う感じさえしてるのですが・・・


元々、電気工事屋の2代目でしょう。


正直すぎるだけなのかなぁ・・・・




どうも、何か変と感じる処が有るのです。



改造は、身障者の設備を、検査後に改造していた。それが、条例に違反し


ていると言うことで、マスコミの餌食になった。


そもそも、ビジネスホテルは、ビジネスマンが、出張の為に泊まるという


ホテルと言う認識のkazuakiでして、そこに、旅行客、身障者が泊まりに


来ると言うのが、そもそも変でして・・・・。


ビジネスマンは、基本的に仕事できてますから、食事も要らない、お風呂


だって、汗を流せればいい。後は、寝れれば良いのです。


それが「サービス」の核であり、それ以上を求めるお客は、普通のホテル


に泊まれば良いのでは無いでしょうか?


手間の掛からない「ビジネスマン」を顧客に設定しているから、あの安い


お値段なのですよね。なのに身障者が・・・・・ですか。






身障者のお世話をしたことが有ります。従兄弟が、脳性小児麻痺で障害を


持っています。



障害を持っている人は、普通に扱って欲しいのです。障害者、障害者と言


う扱いは、されたく無い筈です。街を歩けば、奇異の目を向けられたり、


困っているのに、誰もが見て見ぬふりをされたり。


何か、変だと思います。今回の「東横イン」の問題も、設備だけ与えたの


だから障害者は、文句を言うな、と聞こえるのです。わたくし。




本当に必要な物は、障害者を一人の一人前の人として、認めていける世間


が必要なのでは有りませんか?


幾ら、設備を整えても、それを使い切れない場合に、手を差し延べる「心」


が必要では有りませんか??




障害者に肩身狭い思いをさせないのが、本当の必要な事だと思います。


長野県知事の田中さんが、話して居たけれど、日本ほど点じブロックを貼


っている国は余所にはない。段差は世界一少ない。そうです。


なのに、外出もままならないのは、日本は世界一なのです。ホテルの設備


にすり替えては、イケないし、障害者の団体もマスコミに乗せられては駄


目ですよ。西田社長一人が神妙に謝ったって、解決しませんし、少しでも


外に出られる障害者が増えるわけではないのです。


今ある設備を使えるように、



人が差し延べる「手」「心」が一番大事なの


です。





=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================

高萩さんの「サービス」について。 

毎度様です。ちょっと忙しくしていました。   珍しいでしょ。


今日は、非凡塾の報告です。



========== 今日のお題は? ===============
高萩さんの「サービス」について。
=================================




高萩さんのホームページで、人となりはこちらで。。。



高齢者と身障者専門の旅行会社を経営されています。


本当の「サービス」を追求しています。






『サービス』とは。




私たちは、何時も顧客第一主義とか、顧客の立場に立ってと言いますが、


その実態は、如何でしょうか?


お客様は、何を求めているのでしょうか?


求めている物です。














































旅行会社は、パック旅行とか旅館・ホテルの手配、飛行機、新幹線などの


チケット等を手配して、その手数料で成り立っています。


販売する物は、旅行に行く手段を売っているわけです。手数料は、航空会


社、JR、ホテル、旅館から頂くのですが、これらの会社は、手数料を支


払うに当たり、要求がありますよね。。。それは、人数です。薄利多売の


原理を今でも求めるし、それを満足させているのが、旅行会社なのです。



すると、旅行会社は、窓口に来る「人」からは、利益を戴いていないので


す。航空会社、JR、ホテル、旅館から貰うのだから、旅行会社のお客様


は、航空会社、JR、ホテル、旅館と言うことに成ります。


でも、窓口の「人」は、お金を旅行会社に払うために、旅行会社のお客だ


と思っているのですが、そもそもここがおかしい事の始まりなのです。


お客じゃないと思っている旅行会社、旅行会社のお客だと思っている人が


この業界の変なところなのです。



この状態で、本物のサービス、顧客の立場に立ってと言う事が、出来るで


しょうか?


このミスマッチにビジネスのチャンスがあったのです。






それぞれの会社は、「サービス」をお客様にしていますが、何の為にして


いるのでしょうか?


殆どの会社は、もう一度買って欲しいから、「サービス」をするのでしょ


う。(^^)/ですよね。有償も無償も有るけどね。(^_^;)



これは、商売が永続化する前提なのです。リピーターと言う奴です。


リピーターに成って頂けるお客様を増やすことが、大切な戦略の筈です。


では、どうしたらリピーターに成ってくれるのでしょう??



ここが思案のしどころです。ここでは、長すぎるので割愛!!!!



どうしても知りたい方は、メールを下さい。




ではでは、又です。


=================================
現状を変えたい社長さま。売上を伸ばしたい社長さま ↓
                  「営業力、いりませんか。」
=================================
商売とは・・・  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。